FC2ブログ
ひまつぶしの丸かじり
あーヒマだな。と思うときに遊びにきてくださいませ。お友達募集中♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ガス代を安くする方法
kaoricciは昔、ガス会社のOLさんをしていました。

今日は主婦のみなさんに、
ガス代がぐっと安くなるかもしれない方法をお教えしましょう。

電気は東京電力や大阪電力といった会社が、
地域ごとに独占していますね。

同じように水道も水道局が独占しています。

しかし、プロパンガスの会社は地域の中にもいっぱいあって、
それぞれが独立しています。

ガス代はガス会社がそれぞれ金額設定をしています。
だから、同じ量を使ってもガス会社によってガス代が違ってきます。

ガス代というのはどれだけつかったらいくら・・という計算ではなく、
スライド式といいますか、ちょっとややこしい計算方法で決まります。

一覧表みたいのがあって、その表を見るか、
機械にて自動計算されます。

しかもその金額設定は各社ごとに一律ではないというだけではなく、
一軒家、アパート、会社、店舗など、それぞれの使う量や設備などの
諸々の事情を含めて、バラバラに設定されています。

たとえば、アパート等ですと、建てるときに大家さんにまず営業に行きます。
「給湯器を全室分、無料でお取付いたします。その代り当社のガスを使ってください」
とガス会社の営業さんがもちかけます。

給湯器は安くても数万~なので大家さんはもちろんお願いします。

さて、この給湯器代、どうやって取り返しているのでしょうか?
答えは、入居者の払うガス代に毎月加算されてるのです。

しかも、ずるいガス会社だととっくに元をとっているのに、
そのままの設定のまま、高いガス代を取り続けていたりします。

また、たくさんガスを使ってくれる飲食店などでは、
驚くほどの安値で設定されていることもあります。

このようにガス代とはガス会社の考えひとつで変えられる、
ある意味「不本意」な決め方をされています。

しかも電気や水道と同じように、
「いくら請求がきても、黙って払うしかない」と、
消費者が考えているのをいいことに、
高くとりすぎている場合だって多々あります。

たとえば少し前、原油価格が高騰したとき、
どこのガス会社も値上げしたはず。

でも最近はその半値近くにまで下がりましたね。

ここで値下げをするのが当たり前ですが、
ずるい会社はそのまましらんぷりをしています。

(kaoricciのアパートのとこもそうです!怒)

さて、本題のガス代が安くなる方法です。

kaoricciのところのようにアパートや集合住宅ではなく、
一軒家などの個別にプロパンガスが設置されている住宅限定の方法です。

また、都市ガスもたぶん、一律だと思います。
(都市ガスは詳しくないのでごめんなさい)


まずは、お宅のガス会社に電話をしてみてください。

そして、「料金表を見せてほしいんですけど」と言ってみてください。

「はい、明日にでもポストに入れておきますね♪」という答えが返ってくれば、
その会社はその地域ではかなりの安値設定でしょう。

しかしこのようないい返事が返ってくることは稀と考えます。

おそらくは慌てふためき、うろたえるでしょう。

そして、「見せますが、その場で持ち帰りますよ・・」といわれればまだよいほうで、
なんだかんだ言って見せてくれない可能性もあります。

その会社はアヤシイです。
割高の可能性があります。

もし、あなたのお宅が一軒家でプロパンガスなら、
ガス会社はほかに変えることが可能です。自由なのです。

借家で最初っからボンベがついてたからといって、
律儀にそこの会社にする必要などないのです。

うちのガス高い・・と思ったら、まず、電話してみて、
答えが上記のようなら、
他のガス会社数社に電話してみてください。

そして、今月のガスの請求書をみながら、
「●㎥(リューベ)使う場合、おたくだといくらになりますか?」と聞いてみましょう。
そのくらいなら答えてくれます。

数社に電話して、一番安いところに「おたくにガス会社を変えたいんですが・・・」
とお願いすればOKです。

もし、交渉能力に自信があれば、
今のガス会社に他社のほうが安いということを伝えて、
不満に思っていることを話せば、
結構かんたんに同じ金額に値下げしてくれることもあります。






スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

[2008/12/16 05:20] | 生活の知恵 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<植物で季節を楽しく♪ | ホーム | マイナスの影響を受けない方法>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前のページ 次のページ
最近の記事

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。